引越しの費用を安くしたいなら、とにかく早く見積もりをとる!出来れば複数で

引越しの費用を安くしたいなら、とにかく早く見積もりをとる!出来れば複数で

引越しの費用を安くしたいなら、とにかく早く見積もりをとる!出来れば複数で

 

引っ越しが決まったときにとにかく急ぎたいのが、
見積もりを早く取る」です。
引っ越しの見積もりを取る理由は、
一体いくら掛かるのかっていうのと、
引越し業者をどこにするのかっていうためなのですが、
これが「引っ越し直前になればなるほど料金に融通が利かなくなる」わけです。

 

 

引っ越しをするときに気になるのは
当然自分の引っ越しだけです。
このため、引っ越しの見積もりを取るときも、
いつの何時って感じでこっちの都合で見積もりを依頼するのが普通です。

 

 

ところが、引っ越し業者側はたくさんの引っ越し依頼を受けています。
このため、引っ越し日が近ければ近いほど「それ無理」ってなりやすいです。
たとえば、3月中旬から4月上旬は日本で一番引っ越しの件数が多くなります。
当然、この時期は見積もり依頼も増えます。

 

 

こちら側は見積もり依頼をすれば、
みんな答えてくれるって思ってます。
でも、実際には、複数の業者の見積もりすら取れないぐらい、
お断りされる可能性が高いです。

 

 

複数の引越し業者に見積もりを依頼するのは、
条件が少しでも良いところを選ぶためです。
しかし、引っ越しが立て込んでくると「引っ越しを引き受けてくれる業者を見つける
というのが見積もりの目的に変わるのです。

 

 

それぐらい引っ越しの繁忙期というのは大変で、
直前の引っ越しの見積もりになると、
料金を安くするかどうかではなく、
引っ越しを受けてくれるところを探す勢いです。

 

 

だからこそ、どんな場合でも「とにかく見積もりははやく」というのが大事。
しかも、早ければ早割などの割引を受けやすいですし、
さらに言えば「安い日時」に話を落とし込みやすいというメリットもあります。

 

 

引っ越しの料金を安くするコツとして、
複数の引越し業者から見積もりをとるというやり方は大分知られてきました。
でも、単純に見積もりをとれば安くなるわけじゃ無いです。

 

 

いえ、もちろん、「交渉した方が良い」という事じゃ無いですし、
「値切れば良い」と言うことでもないです。
引っ越しの見積もりというのは、
「条件次第で基本となる金額が変わる」ということです。

 

 

だから、わざわざ交渉するとかしないとかを考える必要はなく、
見積もりを依頼する前に、基本的な事を理解しておけば良いだけです。
それが「引越し業者の都合の良い日時で引っ越しをする」というものです。

 

 

実は、引っ越しの料金というのは一番金額が上下するのが「日にち」です。
つまり、何日の何時に引っ越しをしようとするのかっていうのが、
一番見積もりに影響するわけです。

 

 

荷物を減らすとかっていうのは、あまり効果が無いです。
なぜなら引っ越しは宅配と違って「トラック一台いくら」の世界だからです。
単身パックの場合はコンテナ1台いくらです。

 

 

日にちが重要なのは曜日で考えると分かりやすいです。
引っ越しが一番多くなるのは土曜日です。
理由は日曜日は休みたい、他の日は仕事。
だから、一番混むのが土曜日。
このため土曜日が一番高くなるわけです。

 

 

同じ理由で金・土・日・月・祝日というのは休日の前後も含めて、
高くなります。
つまり、引っ越しの希望が多い日ほど料金は高くなりやすく、
希望が少ない日ほど安くなりやすいということです。

 

 

だから、引っ越し日時を普通は決めやすいのですが、
そこは何日から何日までで「一番安い日時を選んで」っていうのが
正解です。

 

 

引っ越し業者の都合にする理由もあります。
引越し業者は各社一様に忙しい日にちになっているわけでは無いです。
A社はこの日は暇だけど、B社は忙しいって言うことが起きえます。
だからこそ、引越し業者の都合に合わせて見積もりを組んでね、
っていうのが一番安くなるわけですが、出てくる日にちも異なってきます。

 

 

このやり方は依頼側にとって結構負担です。
でも、その分、例え大手の引越し業者であっても安くなりやすいとなれば、
どうでしょうか。

 

 

これは仮に1社だけの見積もりだったとしても有効な方法です。
ただ、1社だけだとその引越し業者の希望販売価格に落ち着きやすいため、
出来れば複数の引越し業者に依頼した方が良いです。

 

 

便利なのは一括見積もりサイトですが、
一括見積もりサイトは不安という場合は、
大手引越し業者はこちらになります↓

 

日本通運
ヤマトホームコンビニエンス(クロネコヤマト)
SGムービング(佐川急便)
サカイ引越センター
アート引越センター(0123)
アーク引越センター
ハート引越センター
アリさんマークの引越社

 

 

一括見積もりサイトの方が楽かなっていう場合、
有名どころではこちらが挙がってきます↓

 

引越し達人セレクト

※ここは見積もり後の引越し成約で各種割引などや指定通信契約でお祝い金などを提供しているおもしろいところです。

 

 

ズバット引越し比較

※ここはこの業界最多クラスの引越し業者提携数を誇っている見積もりサイトなので、幅広く見積もりを取りたいときには有効です。

 

 

この2つの見積もりサイトは探してみるとよく見かけると思います。
これはこれで便利と言えば便利なのですが、
ネックになることがあります。
それは見積もり依頼後の引越し業者とのやりとりです。

 

 

通常、一括見積もりサイトというのは、
入力情報を各引越し業者に送信してくれます。
これは良いのですが、送信後は「各引越し業者」から連絡が来ます。
これが結構大変なんですね。

 

 

大変というか、向こうからすれば一人の依頼者ですが、
こちら側からするとたくさんの引越し業者ということになります。
このため、それぞれに対応する必要が出てくるため、
大変です。

 

 

見積もりを取るという作業自体は変わらないのですが、
やりとりが多くて疲れるのも実情としてあります。
こういったストレスがあるのですが、
確かにまとめて見積もり依頼を出せるというのは便利なため、
使いたいけど使いにくいという状況になっています。

 

 

こういったマイナス点を改善しようということで、
新たなサービスが出てきました。
それがこちらです↓
嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

 

ここも無料一括見積もりサイトですが、
これまでの見積もりサイトと全く違うサービスを展開しています。
ここは見積もりを依頼するときに、
最初に連絡先と希望連絡日時ぐらいしか入力しません。

 

 

引越し情報などは基本的に入れないです。
これだけでも他のサイトと違いますが、
もっと違うのはその後です。

 

 

後日、こちらの希望日時にサポートセンターから連絡が入り、
この時に初めて引越しの件について詳細にヒアリングして貰えます。
しかも、そのヒアリングした内容を元に、
サポートセンターが引越し業者に見積もりを依頼してくれ、
やりとりをしてくれます。

 

 

普通ならあれこれと引越し業者と調整をしないといけないのに、
ここは窓口が一つで済むわけです。
しかも、引越しで気になる事などを聞くことも出来るので、
まるで引越し業者の人とやりとりをしている感じになりますが、
実際はその前段の段階なので、ある意味で味方です。

 

 

ここのコンセプトはスムーズにストレス無く引越しが出来る事を
目的としているため、こういったサービスを提供することで、
双方にメリットが生まれればという感じになっています。
だからこそ、扱いやすさとストレスフリーを優先している感じです。

 

 

引越しを快適にしたい、
そして、出来れば安くしたい、
そういう人にとっては力になってくれるサポートセンターと言えます。
詳細をチェックしたい場合はこちらからどうぞ↓